2014年02月16日

【MT4】カーソル下の価格を表示するインジケーター

昨日、「【MT4】ChartXYToTimePrice()が使えない・・・」という記事を書いたのですが、自分の大間違いでした。

ChartXYToTimePrice() はBuild610から直ってます。

その前のバージョンではうまく機能していませんでした。上下逆でした。


それでなぜ勘違いをしたかと言いますと・・・

week.jpg

ChartXYToTimePrice()から取得した価格・・・145.983
Crosshairで表示される価格・・・145.913

週足ですが、7pipsの差があるわけです。これは正しい値を出していないなと思いました。


しかし結論から申しますと、これは仕様です。誤差の範囲になります。位置情報がint型であり、double型の価格に変換するわけですから、どうしてもずれが起こります。これは1pxがどれだけの価格を表すのかによって違ってきますので、日足レベル以上になりますと値に差が出てきて当然となるわけです。残念ながらどうしようもないです。


それを踏まえた上で1pxずれる補正と有効数字を減らしたインジケーターに書き換えました。

Cursor_Price.mq4
(MT4 Build610 から使用可)

Build610以前のバージョンでは使えませんので注意してください。そして縦軸の価格帯が大きければ大きいほど誤差が生じるということをご理解くださいませ。
posted by ロンド at 18:18
"【MT4】カーソル下の価格を表示するインジケーター"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]