2014年10月30日

メジャリング・バー

「ロスフックトレーディング」という本の第5章「保ち合いを特定する」で気になったことが書いてあったので、ちょっとインジも作って試してみました。もみあいを定義しています。

直近の4本のバーの終値が、それに先立つ1本のバーのレンジ内に収まっているとき、これを保ち合いと呼ぶ。4本に先立つ1本のバーのことを「メジャリング・バー(MB)」という場合もある。


あるロウソク足があって、その高値安値内に4本以上連続して終値が収まり続けたところがレンジで、終値が最初のロウソク足の高値安値を超えたらレンジ終了ということです。分かりますでしょうか。説明がヘタで、すみません。


mb1.jpg

MB.mq4
(右クリックしてダウンロードしてみてください。)


それでインジは微妙に変えてまして、基本的な考え方は同じなのですが、MB内に収まっている間の最高値と最安値を四角形の図形で表示しています。

mb2.jpg

MBの高値を終値が超えたらMediumBlue色、安値を下回ったらDarkViolet色、MBは確定なんだけど上下どちらにもブレイクしていない状態はWhiteとなってます。

本に書いてある4本だとかなり表示されることが分かりました。それで設定を変えることができるようにしました。デフォルトでは倍の8(はらみ本数)にしています。いろいろ変えてみるとおもしろいですが、結果としてはどうなんでしょうかね。まぁ微妙です。

前に記事を書いた

3-in-1バーパターン
http://fx-dollaryen.seesaa.net/article/400265791.html

に似てます。

何かに使えそうな気もしますし、そうでないような気もします。もう一工夫必要でしょう。インジでは難しいですね。





【追記】
元の4本にして1本のローソク足のように考えて、窓開けを見るとか?
posted by ロンド at 23:18| Comment(4) | FX | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

(予定)オリジナルインジケーターを使った相場分析

実験的に作ったインジケーターがありまして、それを使ってしばらくの間、相場分析をやってみようと思います。飽きっぽいのでたぶん長くは続かないです。

検証とかバックテストとか一切していません。正直未知数です。理にかなったものだと自分では思うのですが、こればっかりは分かりません。分かりませんが、たぶんうまくいかないでしょう。今までの経験からうまくいかないと分かっているのですが、お蔵入りするのももったいないと思い、公開実験という感じにしてやっていきます。

インジケーターは次回オープンソースで公開して、きちんと中身の解説もします。シンプルでそんだけって思うかもしれません。単純です。zigzag系になります。使いたくない理由なんかも書こうと思います。
posted by ロンド at 00:36| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

死猫の跳ね返り

昨日はドル円が落ちましたね。2円ぐらい落ちたでしょうか。株安のドル安といった感じです。

落ちた後反発したのですが、こういうのを「死猫の跳ね返りパターン」、英語では「デッド・キャット・バウンス」といいます。

デッド・キャット・バウンス
http://ja.wikipedia.org/wiki/デッド・キャット・バウンス

分かりやすい動画です。
http://www.investopedia.com/video/play/dead-cat-bounce/

猫好きにとっては嫌なネーミングですよね。


ドル円の1時間足です。
死んだ猫は跳ね返る?

下ひげがすごいです。

さて、この後は本当に死んだ猫なら再下落します。どうなりますでしょうか。
posted by ロンド at 14:25| Comment(3) | FX | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

お蔵入り

2014年最初の挫折。orz

MQL4からMQL5へのコンバーターを正月から作ってたんですが、一旦中止することにしました。

というのも、MT4 ベータ版なるものがあるじゃありませんかー!
そして、変更について詳しく解説されているブログを拝見したのですが、構造体/クラス導入ってどういうことですかー!

今の私にはもう無理です。お手上げです。8割ぐらい完成してたんですけども。

というか作っても、仕様変更されて使えないというオチが待ってます。はっきりとするまでは作っても意味がないですよね。


convert.jpg

お正月の時間を無駄に過ごしました。はぁ~。
posted by ロンド at 21:30| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

雇用統計時のスプレッド

雇用統計のときにスプレッドがどれぐらい広がるのかファイルに出力してみました。

ソース:NFP.mq4

ソースの中身はこんな感じです。

FileWrite(handle,
TimeToStr(TimeCurrent(), TIME_SECONDS), //サーバー時刻
TimeToStr(TimeLocal(), TIME_SECONDS), //PC時刻
Volume[0], //Volume
MarketInfo(Symbol(), MODE_BID), //売値
MarketInfo(Symbol(), MODE_ASK), //買値
MarketInfo(Symbol(), MODE_SPREAD), //スプレッド
MarketInfo(Symbol(), MODE_TRADEALLOWED) //トレードできるかどうか
);




FXCMのライブ口座です。そしてドル円です。雇用統計発表(2013年11月8日 22時30分)の前後2分をグラフにしました。

spread20131108.jpg

今回の雇用統計では1分ぐらい前から大きく上昇してました。それでも14pipsぐらい広がってますね。ドル円なのでこれぐらいで済んだのかもしれません。条件によってはもっと広がってもおかしくないでしょう。そして1分後には元のスプレッドに戻っています。

グラフでは分かりづらいですが、スプレッドがマイナスになるときがありました。一瞬ですけども。

そしてMarketInfo(Symbol(), MODE_TRADEALLOWED)ですけど、全てのデータで1(true)になってました。発表時には1度はfalseになるかと思いましたが、これは意外でした。
posted by ロンド at 17:47| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

フォワードテスト開始

久しぶりのブログ更新です。本当はブログを頻繁に更新したいのですが、ネタが思いつきません。何を書こうか常に考えているんですけども、うーんないです。(笑) ちなみに昔から読書感想文とかも苦手なタイプでした。


ところで、涼しくなってから真剣にEA作成⇔バックテストの繰り返しをしてて、ようやく自分の理想とするEAを完成するこができました。理想とするEAというのは、

・全通貨ペア対応
・全タイムフレーム対応
・パラメーターは2つまで
・枚数固定でPF2ぐらい、右肩上がり

です。もちろんドローダウンはありますが、ある程度は仕方がないと考えます。とにかくカーブフィッティングにならないようにだけ気をつけました。

そして今日からフォワードテストを開始しました。ドル円、ユーロ円、ユーロドルの15分です。今年はずっとフォワードテストをやってみて、思ったように動いてくれるのか試したいです。エラーとかあったときにどうするかをもう少し考える必要があるのかなと。動かしてみないと分からないことがあるはず。たぶん。

来年の本格運用をめざします。月に10万円稼げれば大満足です。それぐらいで十分です。(^_^;)
posted by ロンド at 23:06| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

「MT4自動起動ソフト」を作った背景

いろいろ理由があるので、まとめてみました。と言っても根本的な理由は、2つしかありません。

 ①チャートを見逃す
 ②途中でチャートを見てしまう


①については、トレードだけやっているなら問題ないでしょうけど、パソコン上でやっているとどうしてもネットしたり、動画を見たりしてしまいます。テレビを見たり、ゲームをしているときもあります。他のことに気をとられてしまって、指定した時刻になったことに気づかないということがよくありました。それならトレードだけに集中しろという話になりますが、結構つらいです。集中力のない私の場合ですけど。スキャルピングだとずっとトレードに集中しないといけませんが、15分足以上はまぁ無理だと思います。

そして②ですが、自分のトレード記録を振り返っていちばん反省するのが、終値を確定する前にエントリーやクローズを判断してしまうことです。やってしまったと後悔するパターンはこれになります。例えば1時間足でバックテストしてこれというトレードルールを決めたなら、1時間ごとにしか見ないようにしないとバックテストの意味がなくなります。バックテストと同じようにしないといけません。ポジションがどうなったか気にはなりますが、そこは我慢するしかないです。そんなわけで、MT4を起動したままだと気になるので、基本MT4を閉じるようにしてます。もちろん閉じないときもありますが、それはトレードをしないと決めているときになります。

そんなことから、MT4を閉じた状態から自動的に起動してくれたら個人的には便利ということで、以前作った「時報君」を改良して作り直しました。他の人はどうかは分かりませんが、私のようなダメ人間には必要なソフトとなってます。(笑)



MT4自動起動ソフト Ver.1.2.0 (こちらからダウンロード)
(フリーソフト Windows限定です)
posted by ロンド at 22:21| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

「経済指標アナウンサー」 Ver.1.0.3 見やすくしました。

自分で使っててやっぱりこうした方がいいなと思ったので、ちょっと変えました。

ana103.jpg

 = 変更点 =
・初起動では重要指標だけを選択するようにしました。そして太字にしてます。
・発表が過ぎた指標は今日のぶんだけ取り消し線を引きます。
・国旗を表示しました。
・ポップアップのときにちょっとだけ音(システム音)が鳴ります。

基本的な使い方などは変わってません。起動してからそのまま最小化しておくと、指標発表前に知らせてくれます。


経済指標アナウンサー Ver.1.0.3 (こちらからダウンロード)
(フリーソフト Windows限定です)


とりあえず使ってみて、こうした方がいいのかなと思ったところを改善していきたいです。改悪になっているのかもしれませんが・・・(笑)
posted by ロンド at 22:21| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

「直近の指標発表を教えてくれるソフト」のバージョンアップ

経済指標の発表が近づいていることを知らせてくれるソフトです。

今までメッセージボックスで表示していたのですがそれをやめました。教えてくれるのはいいのですが、クリックしてメッセージを消すのが面倒に感じました。

ana.jpg

右下からにょきっとポップアップが出てきます。Skypeと似た感じにしました。

それに伴い、起動した時点で全ての指標を知らせるようにしてます。特に必要ない指標は[選択]のチェックボックスを各自外してください。


経済指標アナウンサー Ver.1.0.2 (ダウンロード
(フリーソフト Windows限定です)


何か不具合など問題がありましたら、ぜひ教えてください。もっとこうした方がいいなど何でもかまいません。
posted by ロンド at 22:25| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

エクセルVBA

こちらのアメンボさんのすばらしいサイトを見てて、

アメンボ3世:「MQL」の世界へようこそ
http://www.green.dti.ne.jp/sdimension/mql/

同じようにMT4のデータをExcelで扱ってみようかなと思います。DDEでもいいんでしょうけど。

仕組みは簡単で、
 MT4 → テキストファイル出力 → Excelで読み取り続ける

といった感じです。

スキャルをやるわけでもないので、頻繁に新しいデータに更新し続ける必要もないです。5分に1回とか、それぐらいでいいです。

それでテキストファイル出力までは問題ないのですが、エクセルのVBA(マクロ)はほとんど知りません。大学のときに実験のデータ解析でちょこっと触れた程度です。なのでここは勉強しなきゃなと思ってます。


勉強方法ですが、ドットインストールで動画レッスンができます。

Excel VBA入門 (全19回)
http://dotinstall.com/lessons/basic_excel_vba

こんなのもありました。



入門者にはありがたい動画であります。その後は、ググって調べればいいですね。

実際にアメンボさんがコードも公開されているので参考にもできます。アメンボさんには感謝です。
posted by ロンド at 21:01| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

日本市場オープン手法 1~2月

1ヶ月前に「日本市場オープン手法」というものをやってました。こちら

3月になったので1月から2月までのバックテストです。

3.jpg

雲行きがあやしくなってきました。そしてスプレッドを考えると利益0と言ってもいいかもしれません。来月もう1回バックテストやって大した結果にならなければ、この手法はお蔵行きです。(^_^;)
posted by ロンド at 23:56| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

日本市場オープン手法

去年12月から安部政権となり、アベノミクスということで日本が注目されてきました。円安、株高といい流れです。


そんなわけでちょっと気になったことがあったので、あるシンプルな手法をバックテストしてみました。

ドル円の15分足です。
usdjpy20130131a.jpg

日本時間朝9時15分に
【エントリー】
・陽線(9:00-9:15)ならロング
・陰線ならショート

【ストップ】
・ロングの場合、陽線(9:00-9:15)の安値
・ショートの場合、陰線の高値

【クローズ】
・ロングの場合、陽線で終わったところでクローズ
・ショートの場合、陰線で終わったところでクローズ

よくある?手法です。


バックテスト期間は今年に入ってから1ヶ月です。

ドル円15分足(2013年1月3日~2013年1月31日)
9clock.jpg

バックテストは自作MT4 Manual Tester使用。(ソフトについてはこちら
結果のファイルも置いときます。 USDJPY_9clock.csv

平均トレード時間が21分なので10時までには終わる感じです。とりあえず右肩上がりにはなってますね。勝率も8割となってます。

しかし円が注目されている今だから機能している手法なのかなとも思えます。こういうのはだいたい賞味期限があります。たった1ヶ月では何とも言えないですね。でもとりあえず2月も朝9時に注目してみようかなと思ってます。トレードはしません。
posted by ロンド at 12:05| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

指標発表前を知らせてくれるソフトが完成しました

直近の指標発表を教えてくれるソフトです。つい忘れてしまうんで作ってみました。

ana1.jpg

大きな指標発表があるときにいいかなぁと思います。


経済指標アナウンサー Ver.1.0.0 (最新版はこちらからダウンロード)

(ピッタリくるソフト名が思いつきませんでした。)

ソフト右上の最小化ボタンを押すと右下のタスクバーにアイコンで表示されます。その上にマウスカーソルを乗せると次の指標が何か分かります。

ana2.jpg

データは外為どっとコムの週間予測カレンダーを元にしています。こちら

なのでサーバーがダウンしたり、アドレスが変わったりすると表示されなくなります。そうなったときはごめんなさいということで許してください。使ってて気づいたら修正してまたアップします。

素人が作ったものですが、使ってくださる方がいましたら幸いです。もっとこうした方がいいとか、アドバイス頂けると助かります。
posted by ロンド at 21:18| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

フリーソフト「時報君」完成 トレードのお供に

時報ソフトを作りました。探せば他にもっといいソフトがあるはずですけども。

clock1.jpg

非常にシンプルです。

時報君 ver1.0.0 (ファイルはこちら
【Windows7 限定】

プログラムを始めてしばらく経った後にすでに完成していたのですが、どういうわけかWindowsXPではBeep音がうまくいきませんでした。どうしてなのか分からず、もうあきらめましたので今日リリースです。(笑) Vistaではどうなのか分かりません。

60分、30分、15分を設定できます。トレードで使うならこれぐらいかなと。5分はちょっと短いかなと思いました。

clock2.jpg

普段は邪魔なので右下の通知領域だけにアイコン表示することもできます。

たったこれだけの機能ですが、個人的には重宝しております。作業をやっているとついついチャートを見逃したりしてしまいます。1時間足でトレードしてますが、これで頻繁に時計を見ることもなくなりました。

ぜひお試しください。感想をお待ちしております。



メタトレーダー上で使うバックテストソフトも公開しています。もちろん無料です。こちらもぜひ使ってみてください。

MT4 Manual Tester
最新 ver1.2.1 (ダウンロード
posted by ロンド at 22:13| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

MT4 Manual Tester

ついに自作ソフト完成しました。

その名も「MT4 Manual Tester」です。

MT4上での手動バックテストソフトとなります。


ファイルはこちらです。
https://sites.google.com/site/forexmanualtester/home
(最新版が左サイドにあります。)

Windows限定です。7(64bits)とXPで動作確認しました。
[Microsoft .NET Framework 3.5以上のバージョンが必須です。PC環境によってはすでにインストール済みかもしれません。]


=やり方=

①まずはMT4のデータ・ウィンドウというやつを表示させます。赤い丸のアイコンを押すと出てきます。
11.jpg

②エントリーしたいところにマウスのカーソルを持ってきて、キーボードのファンクションキー[F5]を押します。

③そして、このソフトの「買い」か「売り」どちらかのボタンを押します。

④②に戻って同じ動作をします。

⑤「決済」ボタンを押します。

これを繰り返します。

1.jpg

こんな感じでできます。

今まで一つ一つExcelに値を入力しながらやってましたが、これからはワンプッシュ&ワンクリックで出来てしまいます。自分のとって非常に楽になりました。

今後の参考のために、ぜひ一度試して感想を聞かせてください。うまく起動しないなどの苦情でもいいです。よろしくお願いします。これからもバージョンアップしていきます。
posted by ロンド at 22:30| Comment(2) | FX | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

Dave Landry さん

昨日紹介した本「裁量トレーダーの心得 初心者編」の著者であるデーブ・ランドリーさんが、YouTubeで定期的に動画をアップされています。



移動平均線がない!? ロウソク足でなくバーチャートなんですね。
posted by ロンド at 18:59| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

DealBook

今週GFTがFXなどのトレード業務を止めるということで、ちょっと驚きました。急にこういうことってあるんですね。

GFT
http://www.gftforex.co.jp/

というのも、私はGFT系列?の(旧名)「サザインベストメント」(今は社名を変更してefx.com)の口座を持っていましたし、実際にトレードもしていました。しかしかなり前に解約してます。

サザインベストメント
http://www.saza-investment.com/

efx.com
http://www.efx-dealbook.com

efx.comにとっては大打撃かと。DealBookが使えなくなるでしょうし。↑ドメイン名にdealbookを入れたのは間違いだった?


GFTのHPではPLANEX TRADE.COMへ口座を移管するとなってます。

PLANEX TRADE.COM
http://www.planex-trade.com/

efx.comではトレードできない状態で、近いうちに何か発表があるでしょうね。
posted by ロンド at 12:47| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

楽読(ラクヨミ)

日興アセットマネジメントの記事です。

楽読(ラクヨミ)
http://www.nikkoam.com/fund-academy/rakuyomi

その名のとおり楽に読めます。
posted by ロンド at 23:26| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

Oaks FX

Youtubeでチャンネル登録してます。



英語ですが動画なのでなんとなく分かるかなと。
posted by ロンド at 20:30| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

今日のテクニカル

IGマーケット証券でもテクニカル分析があります。

今日のテクニカル
http://www.igmarkets.co.jp/market/technical.html

チャートがあると分かりやすいですね。
posted by ロンド at 21:42| Comment(0) | FX | 更新情報をチェックする