2014年11月11日

【MT4】オプションのオーダーを表示させるインジケーター

オプションとかリミット/ストップのオーダーとかはあまり気にしていません。気にすべきなのでしょうか。


ちょっと見てみようということで、インジケーターを作ってみました。

opindi.jpg

自動的にデータを取得するわけではありません。


OptionLine.mq4
(MT4 Build:745 で作成・動作確認しています。バージョンによっては動作しないこともあります。)


= 使い方 =
①MT4にインジを表示させます。この状態では右下に[ OP表示 ]と表示されるだけです。


②フォルダー[MQL4]→[Files]内に「OP_通貨名.txt」というファイルができますので、ダブルクリックで開けます。今回はドル円なのでOP_USDJPY.txtとなってます。

filesop.jpg



③業者によってはFx-Waveニュースが配信されていると思います。そのオーダー情報部分をコピペします。
onlineop.jpg
(写真は外為オンラインです)


もしくはzaiの為替ニュースでも取得できます。

為替のとれたてニュース
http://zai.diamond.jp/list/fxnews/index


こんな感じになると思いますので、保存して閉じます。
noteop.jpg



④[ OP表示 ]をクリックすると表示します。
onofop.jpg


・常に表示させると邪魔に思えたので、ワンクリックで消せるようにしました。
・オーダーの線のスタイルや色、[ OP表示 ]の位置もパラメーターで変更できます。
・表示を想定している通貨ペアはドル円、ユーロ円、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルになります。
・「143.50-60円 断続的に売り」のような場合は143.50だけに「143.50-60円 断続的に売り」と表示されます。

価格の取得は、
 [数字]円 [内容]
 [数字]ドル [内容]
 [数字] [内容]

こういう形式になっているときに、認識できるようになってます。場合によっては表示されなかったりすることもあると思いますので、注意してください。元のデータと照らし合わせて確認をお願い致します。


実際に表示させてみると、うーん・・・。呑みにすると逆張りをしてしまったり、利益を伸ばせなかったりしそうです。参考程度にしたいです。




【追記】2015/03/17
ドル円とユーロドルだけ簡単にオーダー状況を見れるサイトがありました。
http://www.traderswebfx.jp/marketorder/
posted by ロンド at 18:18| Comment(6) | FX | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ おもしろいインジを作られましたね
オプションオーダー情報はロンドさんの言われている通り、安易なライン際での逆張りになったりするので、本当に戦術をどう組み立てるかがとても重要だと思います。

結局オプションの重要性とか、ボラティリティとかも考える感じになるのかな~
う~ん、難しすぎる(笑

本当の事を言うと、いぜん逆張りばかりやってこつこつどかんを食らった経験がありましてね、けっこう Fx-Waveのオーダーはトラウマなんです(笑)
Posted by ギリシャショック at 2014年11月12日 00:56
>ギリシャショックさん

結局のところ、きりのいい数字にオプションが置かれるのかなぁと。
それで突破するとそのままどんどん突き進みますからね。
なかなか難しいとは思います。

実はFx-Waveは久しぶりに見ました。ほとんど為替情報って見ないです。^^;
逆張りはレンジだといいのですが、トレンドに入っちゃうと痛い目に遭いますね。
Posted by ロンド at 2014年11月12日 16:55
ロンドさん

お久しぶりです。以前ご相談させていただいたときのインジを作成いただけたようでありがとうございます。ただ、夏くらいからオーダー情報を見てきましたが、値動きが緩慢な時はオーダー情報は役に立ちますが、動きが強くなってくると役に立たなくなってきますし、一度痛い思いもしました。。。

個人的には、「売り厚い」などの「厚い」を注目していましたが、イマイチ規則性が見つからなかったので、オーダー情報は「OPバリア」の動きだけ見るようにしました。ただ、OPバリアもスキャルで使用する程度なので、ロンドさんのトレードスタイルなら、オーダーは見る必要ないと思います。無駄なお時間をとらせてしまいすいませんでした。最近私は検証モードに入ってますので、また落ち着いたらご連絡させていただきます。今後もよろしくお願いします。
Posted by GS at 2014年11月12日 17:32
>GSさん

おひさしぶりです。そうなんです。自動化は難しいなぁと思ってたのですが、逆にデータ入力は手動でもいいのかと思った瞬間にできてしまいました。この情報を鵜呑みにしてトレードするのか危険かもしれませんが、参考程度にはいいのかなとも思えます。週足、月足レベルでの高値安値と照らし合わせるといいのかなとも。

またよろしくお願いします。自分も引き続き研究を続けます。
Posted by ロンド at 2014年11月12日 23:55
初めまして。似たような着眼点から手動で線を引いていて、もう少し楽に出来ないかなと思いこのページに行き着きました。

非常に有用なインジケーターだと思い使用させて頂いております。

さて、取引戦略にどう生かすかという事ですが、私の場合はまずチャートにサポートライン・レジスタンスラインを『過去に止まった実績のある価格』に引きます。

その上で、オーダー状況のラインを引きます。

こうする事で、サポートライン・レジスタンスラインの強さを図ろうとしています。

例えば、ユーロ/円の133.50円にサポートラインが引けていたとします。この価格に買いが入っているのか?入ってるとすればどの程度入ってるのか?を見て強さを図るという事をしています。

これに加えて、OANDAのオープンオーダーなどを加味しながら、『強そうなライン』を絞り込んで行って逆張り気味に入るという戦略を取ったりしています。

チャートにサポートライン・レジスタンスラインを引いた上でオーダー状況のラインをあわせて引くと色々な事が見えてきて、レンジブレイクなどもブレイクがダマシになりそうかといった事等も見えてきたりします。
Posted by サイサリス at 2015年12月09日 14:45
>サイサリスさん

はじめまして。
インジケーターを使っていただき、ありがとうございます。

水平ラインを引くときの参考になりますね。
いろんな考えがあっておもしろいです。自分もいろいろ考えてみようと思います。

これからもよろしくお願いします。
Posted by ロンド at 2015年12月09日 21:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください